ホーム > 体験レビュー > 証明写真機でスマホ写真をポストカードサイズプリント!DNPの「100円Piプリ」
投稿日: 2018/06/28  更新日: 2018/06/29

証明写真機でスマホ写真をポストカードサイズプリント!DNPの「100円Piプリ」

FukaShirock
サービス:100円Piプリ
価格:100円 (税込)
このエントリーをはてなブックマークに追加

DNP 100円Piプリレビュー

手持ちの写真を手軽にプリントして郵送したい!そんなとき、みなさんご存知の通りL判写真はそのままじゃ郵送できません。

でも家にプリンターがない!プリントショップに行くには遠い!お買い物や仕事の行き帰りを利用して手軽にプリントしたい!そんなときに便利なサービスを体験してきたのでご紹介します。

それがDNPの「100円Piプリ」。
なんとこちら、みなさんおそらく一度は街中で見かけたことがあるであろう証明写真機「Ki-Re-i」を利用して、スマホで撮影した画像をポストカードサイズでプリントできるサービスなんです!

証明写真機でカジュアル写真をプリントするなんて、まるでプリントシール機がない時代に証明写真でツーショット写真を撮るという…某あ◯きちゃんのエピソードを思い出しますが…時代は進化ですね…!(おわかりいただけるだろうか。)

アプリでプリント予約

使い方は簡単!まずはDNPのアプリ「Ki-Re-i Photo」をダウンロードします。

Androidの方はこちら
Google Play で手に入れよう
iPhoneの方はこちら
AppStoreで入手
アプリを起動したら「写真プリント(Piプリ)」をタップ。

DNPKi-Re-iアプリ

Ki-Re-i

まずはこの機能を使って写真を予約します。

プリントできる写真の種類は「シンプルタイプ」「レイアウトタイプ」の2種類があり、どちらも102×152mmのポストカードサイズのプリントができます。

画像を1枚配置できる「シンプルタイプ」は100円で2枚、画像を2枚配置できる「レイアウトタイプ」は100円で1枚なのですね!画像が1枚のタイプだと2枚プリントできるのはちょっとお得感がありますね。

「シンプルタイプ」の場合、カメラロールから画像を選択してからフレームを、「レイアウトタイプ」の場合、白と黒、どちらかのフレームを選択してから、画像を選びます。
ちなみに「レイアウトタイプ」は現時点(2018.6)では白と黒の2種ですが、今後もテンプレートの追加が予定されているそうです。楽しみですね!

例えばこちらは「シンプルタイプ」。
フチあり・フチ無しはもちろん画像がスクエア型で配置できるフレームもあり、写真や用途に合わせて色々アレンジが効きそうなところが魅力的。フレーム選択

画像に対してアプリ内でできる操作は回転・拡大のみなので、色調補正が必要な場合はあらかじめ別アプリなどで作業しておくと良いかもしれません。

驚いたのが、先述の通り「シンプルタイプ」は100円で2枚プリントできるわけですが、同一のものを2枚かと思いきや、同一2枚でも別写真でもOKなのですね!しかもフレームもそれぞれ設定が可能。これは嬉しい!

編集が完了し、「予約する」ボタンをタップしてアップロードすると、写真のプリントコードが発行されます。

有効期限が書いてありますが、期限が切れても予約リストの中には残っているので、「QR発行」をタップすると予約データを再アップロードしてくれてプリントが可能になるので、事前に時間が取れるときに写真を選んで予約リストに入れておくと便利です。

あとは「Piプリ対象機」でプリントするだけ!

対象機はアプリ内から検索が可能なのですが、予約したはいいけど対象機が近くにない!ということももちろん有り得るので画像を編集する前に事前に対象機を探しておくことをオススメします。

検索してみると対応機自体はたくさんあるようで、地方都市でもある程度人口がありそうなところであれば難なく見つけることができそうです。

Pi-pri対象機

今回はお買い物ついでにプリントしてきました!

証明写真機「Ki-Re-i」でプリント

アプリで予約をすれば、あとは対象機で操作するだけなのですが、これがとても簡単でした。

Ki-Re-i

メニューから「100円Piプリ」をタッチ。

DNP Ki-re-i操作画面

アプリで予約しておいたQRコードを読み取り口にかざして「Pi」します。
わざわざ番号を打ち込まなくて良いところがとても便利です!

読み込み

あとは料金を支払うだけ。支払いは現金のみです。

支払い

操作開始から3分もかからないでプリント完了!ものすごく早い!!

ただ、ちょっと面倒かな?と思ったのが、1回につき1予約分しかプリントできないところ。
1回 プリント終わったら最初の画面から操作が必要なのがちょっと面倒…。
とは言え、ちょっとボタン押してQRコード読ませるだけなのでそれでもコンビニプリントよりも早いんだからそんなこと言ったら贅沢だよね!

…と思っていたら、なんとこの「Piプリ」のサービス、証明写真機画面内のボタンを押さなくても、中に入ってQRコードリーダーに直接かざせばサーバーからデータダウンロードが始まる仕組みになっていると後からお聞きしました。

えー…!ボタン押さなくてよかったのですね!それなら子供を連れていても「ちょっと待ってね〜」と言っている間にプリントできてしまいます!なんて便利!!

100円Pi-pri受け取り

今回プリントしたのはこちらの4セット。

100円Piプリプリントサンプル

(1)「レイアウトタイプ」2分割・白

(2)「シンプルタイプ」同一2枚

(3)「レイアウトタイプ」2分割・黒

(4)「シンプルタイプ」別写真各1枚

いずれも100円です。L判より大きいので見応えがあります。
例えば同じ「シンプルタイプ」でも、フレームが違うだけで随分雰囲気が変わりますね。

ちなみに(3)の写真は、場所が違う画像を2枚選んでつなぎ合わせている風に見せています。わかるかなー。

証明写真機を利用しているだけあって、もちろん発色も画質も綺麗です!

100円Piプリ画質

私製ハガキのサイズ規格内に入っているので、裏面に切手を貼って郵送することができます。

ただし、もちろん私製はがきとして送る場合は宛名を書く面に「郵便はがき」もしくは「POSTCARD」と表記しましょう!

これを書いていないとはがきではなく第一種郵便物として取り扱われるので、郵送に必要な料金が62円ではなく82円になってしまいます。

「郵便はがき」もしくは「POSTCARD」と表記

まとめ

試しに落書きしてみましたが、POSCAや修正ペンを使えば黒フレームにも落書きできるしオシャレでかわいい。
写真面はツルツルですが、裏面はマットなので油性ボールペンはもちろん、水性マーカーで記入しても割と色が馴染んでくれました。
画質もキレイで、1枚からスピーディにプリントできる手軽さを考えると、100円というわかりやすい価格も個人的にはバランスがとれていてGOOD!!
子連れで買い物がてらに写真をプリントしたいときなど、ぜひ活用したいサービスです。

駅周辺などにも対象機がたくさんあるようなので、旅先で撮った写真をプリントして郵送するのも面白いかも?

気になった方はまずは「100円Piプリ」のサイト、もしくは「Ki-Re-i Photo」のアプリをチェックしてみてくださいね!

DNP 100円Piプリレビュー

Androidの方はこちら
Google Play で手に入れよう
iPhoneの方はこちら
AppStoreで入手

サービス:100円Piプリ

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

第1回フォトブック展「MEKURU-めくる-」